防災対策バッチリって言われてもどうしても気になるマンション事情。

地震、カミナリ、火事、親父。最後はあんまり眼中ないけどコワイものはコワイのです。

マンションを選ぶ際に確認したい防災対策とは

近年、日本の各地で発生した自然災害によって緊急時はもとより、日常生活においても日本人の防災設備への関心は飛躍的に高まりました。とりわけ、戸建てやマンションなどの住居に対しては、防災対策がきちんと施されている環境であるかを重視する傾向があります。防災に対して最も考慮する点は、やはり地震に対する耐震性・免震性が挙げられるでしょう。

現在の国の新築基準は震度6強程度では倒壊することがないような耐震構造となっており、加えて地震のゆれそのものを感じさせないようにする免震構造にもなっています。マンションなどの高い建物の場合、横揺れが発生したときの倒壊の危険性はこれらの耐震・免震構造が備わっているかどうかで判断することができるのです。

さらに、免震よりも導入のコストが抑えられる制震構造もあり、これはマンション内の制御装置により建物の揺れをすばやくコントロールできる機能になりますが、高層マンションの場合、強風対策にも一役買うことになります。

最近では、この制震構造は戸建てに取り入れられる事も多く、地震対策として注目を集めている技術でもあります。また、海に近い場所で発生する液状化現象に対しても、建物の地盤の固い岩盤まで長い杭を打つことで建物の基礎を支え、液状化リスクに対応しているのであれば構造としては非常に安全性が高くなります。

一方、建物外だけではなく、建物内部の防災対策としても現在のマンションではたくさんの工夫が施されています。耐震技術を持った建物でも内部が歪んだりひび割れなどの影響で、ドアの開閉ができなくなり、避難経路を断たれる場合もあります。玄関ドアが対震枠になっていると、例え建物内部に歪みやひび割れが発生しても、玄関ドアが開かなくなるということはありません。

また、部屋内の経路を断たれないように、家具転倒防止対策としてあらかじめ壁に下地材を打ち込んでおき、家具を固定できるように対応している場合もあるので、まずは部屋の外に避難することを考えた場合、これら最低限の経路確保に対応できた方がよいでしょう。マンションの防災対策といえば、建物に対する対応だけではなく、いざ災害が発生したときにインフラが機能しなくなった場合の対応も考えておく必要があります。

例えば、敷地が広域である場合、災害時用の備蓄を保管しておく倉庫を設けていたり、その際に使用するテント、発電機、電灯などがこのような倉庫に常に保管されている場合、万が一の事が起きた場合でも安心して生活を送ることができます。また、上層階で生活する人にとっては、電気が通らなくなった際にエレベーターが停止してしまうことは大きな懸念材料となります。高齢の方と同居している場合には、階下への避難は非常に重要となります。

現在の高層建造物には、複数のエレベーターを設置することも珍しくなく、その内の一台が、災害時に自家発電による救助エレベーターとしての役割を持っている場合もあります。高齢者の避難対応として、選択する一因になるでしょう。その上、災害発生後に炊き出しを行う場所や簡易トイレを設置する場所が決まっていたり、管理組合でこれらの規定を設けていて、いざという時に慌てずに対応できる準備ができていれば、暮らしていく上では非常に心強いものとなります。

最後に、区分所有であるマンションなどには管理組合が存在します。各管理組合では、災害発生前の防災対策や災害発生時の避難経路の確保・行動規範を防災マニュアルとして用意することが当たり前となっています。入居後には必ず防災マニュアルには目を通すようにし、自分が暮らしている場所には、どのような避難経路があって、どのような防災設備が整っているのかを確認しておく必要があるでしょう。

ップページは合計1500文字以上が望ましい。